HOME > TRENDY LOVE CONSULTANT case01
超人気コンビ『トレンディエンジェル』のボケ担当として、
日々日本のエンターテインメント界をリードし続けているトップコメディアン・斎藤司。
クールな顔立ちやエッジィなヘアスタイル、
そしてまさにトレンディなファッションセンスを生かし、
プライベートではプレイボーイとして浮名を流す。
そんな彼が、恋愛に悩めるナイロニスタからの質問に“LOVE CONSULTANT”としてお答え!
恋愛の酸いも甘いも知り尽くした彼だからこそできる独自のサジェッションを、
生ヴォイスの音声データとテキストメッセージでお届け。
貴重すぎるアドバイスがあなたの恋を一歩先に導いてくれるはず。

NYLON.JPでは、LOVE CONSULTANT・斎藤さんへのお悩み・ご質問を募集中。
専用フォームに必要事項を記入して応募してね!
Love advice case01
どうしたら恋愛、始められますか?
恋愛の仕方が分かりません。

斎藤さんの回答
私は、過去にきちんとお付き合いしたことのある人は1人だけです。
彼とは17歳の頃から付き合って3年で別れました。
その人以来、彼氏がいない期間が長いからか、恋愛の仕方が分からなくなってしまいました。

よく彼氏が途切れない女友達がいますが、一体みんな、どこで出会ってどうやって付き合いが始まるんでしょうか。私は奥手なタイプなので、積極的にアプローチできる子がうらやましいです。
最近までちょっと仲良くなった男性がいましたが、最初はLINEで頻繁にやり取りしたり、誘われてたのに、急に連絡が途絶え会話の内容もそっけなくなってしまい、次第に関係が途絶えてしまいました。。。

このような場合、諦めずに私からガンガン誘ったらよかったのでしょうか。彼のパーソナルスペースに踏み込むのは嫌われるんじゃないかと思ってしまい、うまく行動に移せません。

恋愛経験がほぼないので、恋の始め方とか分からないままここまできちゃいました。
どうやって恋愛を始めればいいのか、コツを教えて下さい。

(24歳/エディター)
“恋愛は授かり物”
僕は恋愛経験がかなり豊富な方だと自負しているけど、
“恋に落ちる瞬間”これがいつなのか、未だに自分でもわかりません。
そういう意味では、僕もまだ恋愛の素人と言えるかもしれないね。

僕、“恋愛は授かり物”だってよく思うんです。
君の周りには、『私、彼氏が途切れたことがないの』という子や、
別れた話を聞いたばかりなのにもう次の彼氏の話をしている子がいるかもしれないけど、
そういう子が男から見て魅力的だとか、努力していて偉いというわけじゃない。
気になる人にガンガンアプローチするのが正解ってわけでもなくて、
友達だと思っていた相手との何気ない会話から恋が生まれることもある。
本当の恋愛が始まる時は、予測がつかないタイミングで恋に落ちるものなんだ。

恋愛の仕方は十人十色、でも、「本当にこの人が好き!」と思える瞬間は誰にでもあるはず。
君にその瞬間が訪れた時、もう一度僕に質問しに来てください。
その時にまた答えてあげるから。
NYLON.JPでは、LOVE CONSULTANT・斎藤さんへのお悩み・ご質問を募集中。
専用フォームに必要事項を記入して応募してね!
トレンディエンジェル 斎藤司
1979年2月15日生まれ、神奈川県出身。現相方のたかし(1986年1月30日生まれ、東京都出身)と、2005年にコンビ「トレンディエンジェル」を結成。ともにNSC(吉本総合芸能学院)東京十期生。ふたりの共通の特徴である“薄毛”をポップに生かした、スピード感のある漫才を得意とする。その実力は折り紙つきで、2014年に『THE MANZAI』で準優勝、翌年には『M - 1グランプリ2015』にて敗者復活枠からの優勝を果たし、テレビ、雑誌、舞台など活躍の場を広げている。

Instagram : @tsukasa_trandy
ジャケット¥78,000、パンツ¥36,000(共にLe Verneuil/トゥモローランド)
シャツ¥17,000(TOMORROWLAND PILGRIM/トゥモローランド)
タイ¥25,000(TOMORROWLAND/トゥモローランド)
ハット¥20,000(Bailey/オーバーライド 明治通り店)
メガネ¥37,000(NATIVESONS/ブリンク 外苑前)
シューズ¥77,000(J.M. Weston/トゥモローランド)
その他スタイリスト私物
ショップリスト
トゥモローランド 0120-983-522
オーバーライド 明治通り店 03-5467-0047
ブリンク 外苑前 03-5775-7525
MODEL : TSUKASA SAITO (YOSHIMOTO CREATIVE AGENCY)
HAIR&MAKEUP : MIZUHO HAYASHITANI
STYLING : DAISUKE HASHIMOTO
PHOTOGRAPHY : YOSUKE DEMUKAI (AVGVST)
TEXT : SHO IKOMA
EDIT : YURIKA NAGAI
WEB DESIGN: AZUSA TSUBOTA, NATSUKI DOZAKI